最新号

中部教育学会紀要 第20号(ISSN 1346-5287)

<特集「“性”の多様性と教育学の課題」>

  • 織田暁子 「福井県内における「性別欄」の現状と取組」
  • 藤原直子 〈研究ノート〉「「性の多様性」教育におけるフェミニスト・ペダゴジーの視座—教師の「学び/教えること」の課題—」

<研究論文>

  • 松永康史 「自己を見つめ直す契機としての対話的な学び—奈良少年刑務所における寮美千子の「絵本と詩の教室」を事例として—」

<実践報告>

  • 首藤隆介 「教育課程経営における保護者の位置づけ—中学校における学年保護者アンケートの取り組みから—」

<中部教育学会第68回大会シンポジウム「「主体的・対話的で深い学び」の授業づくりを問い直す」>

  • 柴田好章 「一人一人の子どもの豊かな学びを実現するための授業研究の役割」
  • 石井英真 「今めざすべき授業のあり方—「真正の学び」を実現する「教科する」授業へ—」
  • 杉江祐子 「授業で輝く学校づくり」
  • 石川英志 「新学習指導要領の目指す授業づくりの課題と可能性」

<中部教育学会規約>

<中部教育学会紀要編集規程・中部教育学会紀要投稿規程>

バックナンバーはこちら