日本教育学会中部地区・中部教育学会共催公開シンポジウムのご案内(更新情報)

日本教育学会中部地区・中部教育学会共催公開シンポジウムのご案内(更新情報)

謹啓 向暑の候、会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、日本教育学会中部地区・中部教育学会共催公開シンポジウムの案内につきまして、下記のとおり更新いたしましたので、お知らせいたします。 皆様のご参加をお待ちいたしております。

謹白

テーマ:「21世紀に求められる学習とは何か」

シンポジアスト
「ディープ・アクティブラーニングの提案―〈知識vs.能力〉をこえるために―」
松下佳代(京都大学高等教育研究開発推進センター教授)

「探究と協同を通じた中学・高校生の「深い理解」―教育心理学の視点からみたアクティブ・ラーニング―」
藤村宣之(東京大学大学院教育学研究科教授)

司会
柴田好章(名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授)

日時:2016年6月24日(金) 18:00~20:00

場所:中部大学名古屋キャンパス(鶴舞)大ホール

JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ地下鉄「鶴舞」駅下車北へ約100m

申し込み不要/参加費無料

問い合わせ
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科
山下廉太郎研究室
Tel/Fax:052‐789‐5057
E-mail:yamashita.rentarou★b.mbox.nagoya-u.ac.jp (★を@に変更してください)