第65回大会


中部教育学会第65回大会プログラム(詳細)

・大会プログラム : Word形式PDF形式

9:30    受付開始(現代教育学部70号館1階 学生ラウンジ
・大会参加費:1,000円
※会員も当日会員も共に参加費は同額です。
・懇親会参加費:3,500円
※事前申し込みの制度をとっていませんので当日奮ってお申し込みください。
10:00〜12:30 自由研究発表(全8分科会)
・個人発表-発表20分,質疑応答5分
・共同発表-発表30分,質疑応答10分
※共同研究であっても口頭発表者がお1人の場合は「個人発表」となります。

〈午前の部〉

【第1分科会】(7131講義室)
司会者 坪井 由実(愛知県立大名誉教授)  片山 信吾(名城大学)

① 10:00~10:25  「教育長免許状」の経緯とこれからの教育長養成
安井 克彦(名古屋学芸大学)

② 10:25~11:05  静岡県における「知事の介入」が与えた教育界への影響
○島田 桂吾(静岡大学)     ○澤瀬  崇(静岡大学・大学院生)
○鈴木 拓史(静岡大学・大学院生)○福元 英美(静岡大学・大学院生)
梅田 晃(静岡大学・大学院生)

③11:05~11:45  教職大学院を活用した英語モジュール学習の成果と課題
○山﨑 保寿(静岡大学) ○梅田 晃(静岡大学・大学院生)

・11:45~12:10  全体討論

【第2分科会】(7232講義室)
司会者 山本 理恵(愛知県立大学)  上田 敏丈(名古屋市立大学)

① 10:00~10:25  多文化主義・オーストラリアの幼児教育(保育)に関する研究
―保育者に求められる「文化的コンピテンシー」の検討―
榊原菜々枝(名古屋文化保育学園専門学校)

② 10:25~10:50  韓国と日本の幼稚園教育事情を比較する
―幼稚園における英語教育紹介をひとつの手がかりとして―
○髙野 盛光(愛知産業短期大学) 今井昌彦(浜松学院大学短期対学部)

③ 10:50~11:15  幼児教育におけるおもちゃ教材に関する研究
―段ボールを素材としたおもちゃ教材の展開事例-
○林 韓燮(高田短期大学) 蘇 珍伊(中部大学)

④ 11:15~11:40  保育現場におけるカリキュラムデザインに関する研究(2)
―保育課程及び全体的な計画の編成プロセスにおける現実的課題と展望―
上村 晶(桜花学園大学)

・11:40~12:05   全体討論

【第3分科会】(7231講義室)
司会者 清原 みさ子(愛知学泉短期大学)  大地 宏子(中部大学)

① 10:00~10:25  時代を意識できる授業、その内と外
佐橋 晋(日本福祉大学名誉教授)

③ 10:25~10:50  野村芳兵衛の信仰と子ども観
北島 信子(桜花学園大学)

④ 10:50~11:15  明治・大正期における名古屋の仏教・基督教による幼児の施設
北原 和子(名古屋市立大学人間文化研究所)

④11:15~11:40  保護者支援における幼稚園教諭の専門的な力量の形成要因
○岸本 美紀(岡崎女子大学) 武藤 久枝(中部大学)

⑤ 11:40~12:05  日本語を母語としない子どもの学習指導の現状と課題
―名古屋市と岩倉市の事例―
加藤 益代(元小学校教員)

・12:05~12:30   全体討論

【第4分科会】(703A演習室)
司会者 伊藤 捻明(愛知県立大学)  安達 仁美(信州大学)

①10:00~10:25  理科教科書別に見た素朴概念変容に関する一考察
○橋本 美彦(中部大学) 原田 果奈(蒲郡市立西浦小学校)

②10:25~10:50  カンボジアにおける中学校理科教員の授業力向上研修
大久保博和(中部大学・大学院生)

③10:50~11:15  ナラティヴ・ラーニングの試み ケース1「公衆衛生学」
安林奈緒美(中部大学ほか・非)

⑤ 11:15~11:40  高校教育課程におけるアクティブラーニングの実践例
―資質能力との関係について―
一之瀬敦幾(静岡大学ほか・非)

⑥ 11:40~12:05  栄養教諭の食育への貢献―「栄養教諭と語る会」の企画を通して―
新谷 裕(名古屋学芸大学)

・12:05~12:30   全体討論

【第5分科会】(703C演習室)
司会者 森 透(福井大学)  三島 浩路(中部大学)

① 10:00~10:25  「教養」言説による知識の差異的伝達
―計量テキスト分析を用いた雑誌記事タイトルの男女間比較から―
加藤 一晃(名古屋大学・大学院生)

② 10:25~10:50  教員の学びと生涯発達
―アクティブ・インタビューが描く成人の学習の軌跡―
白山 真澄(東海学院大学短期大学部)

③ 10:50~11:15  模擬授業の自己評価・コメントの分析
―教職課程の学生の“手応え”を探る―
○坂本 將暢(愛知工業大学) 川口 洋誉(愛知工業大学)

④11:15~11:55  大学における現職教員の学び直しに関するニーズ―予備調査の結果から―
○今津孝次郎(愛知東邦大学) ○田川 隆博(名古屋文理大学)
○長谷川哲也(静岡大学)  加藤 潤(愛知大学)
林 雅代(南山大学)  白山 真澄(東海学院大学)

・11:55~12:20   全体討論

【第6分科会】(703D演習室)
司会者 小出 禎子(名城大学)  田中 秀佳(名古屋経済大学)

① 10:00~10:25  経済的困難を抱える子どもへの学習支援に関する検討
―私立大学による業務委託のケースをとりあげて―
川口 洋誉(愛知工業大学)

② 10:25~10:50  地域社会でつくる「通学合宿」の意義と構想
―長野県信濃町での「通学合宿」の実践を通して―
北村 隼一(信州大学・大学院生)

③ 10:50~11:15  主体的問題解決のための思考過程の解明の試み
―創造的認知アプローチ「ジェネプロアモデル」を適用した自己エスノグラフィの検討―
近藤 百玲(名古屋大学・大学院生)

④ 11:15~11:40  平和教育とスポーツの倫理
伊藤 博美(名古屋経済大学)

⑤ 11:40~12:05  「夢追い」人を対象とした社会学的研究に関する一考察
―先行研究の検討を通して―
野村  駿(名古屋大学・大学院生)

・12:05~12:30   全体討論
【第7分科会】(7222講義室)
司会者 百々 康治(至学館大学)  森脇 健夫(三重大学)

① 10:00~10:25  1980年代ドイツにおける授業研究の範囲と傾向
的場 正美(東海学園大学)

② 10:25~10:50  全員参加を目指す算数科授業づくり
小木曽弘尚(豊田市立高嶺小学校)

③ 10:50~11:15  読み物資料の道徳教育的効果に関する一考察
―現実のモデルとしての役割に着目して―
丹下 悠史(名古屋大学・大学院生)

④11:15~11:55  小規模校における若手教員の授業力形成に関する研究組織開発
○伊藤 政之(岐阜県教育委員会東濃教育事務所)○石川 英志(岐阜大学)

・11:55~12:20   全体討論

【第8分科会】(7221講義室)
司会者 内田 純一(愛知県立大学)  片山 悠樹(愛知教育大学)

① 10:00~10:25  東海地方における実業教育の成立と展開(その1)
田中 卓也(共栄大学)

② 10:25~10:50  戦前昭和期長野県の農村部における実業補習学校改革に関する一考察
―下条実科中等学校を事例として―
三羽  光彦(芦屋大学)

③ 10:50~11:15  専門学校卒業生の進路動向に関する一考察
―学校基本調査のデータ整理を基に―
内田 康弘(名古屋大学・大学院生)

④ 11:15~11:40  高校卒業後の移行における地域移動―県外進学・県外就職に着目して―
上地 香杜(名古屋大学・大学院生)

・11:40~12:05   全体討論

〈午後の部〉

■13:30〜14:00 総会 (71号館3F 7131講義室)

■14:15〜16:45 公開シンポジウム「今授業の質を問う」(71号館3F 7131講義室)

■17:00〜19:00 懇親会 (第3学生ホール(25号館1階))


 

中部教育学会第65回大会自由研究発表申込期限の延長につき

2016年4月28日

大会実行委員会委員長

豊田ひさき(中部大学)

 

謹啓

陽春の候、会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

下記の通り、中部教育学会第65回大会(中部大学)での自由研究発表申込期限を延長いたします。

会員のみなさまには奮ってご応募くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

【変更後の締切】 5月9日(月)必着


 

・大会案内 : Word形式PDF形式
・自由研究発表申込書 : Word形式PDF形式

中部教育学会第65回大会開催のご案内

大会実行委員会委員長

豊田ひさき(中部大学)

 

謹啓 

陽春の候、会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、先に「中部教育学会会報」でご案内いたしましたように、中部教育学会第65回大会を下記のとおり中部大学で開催することになりました。

 つきましては、自由研究発表のお申し込みをお受けいたします。ご研究の成果をこの機会にご報告いただき、会員相互のいっそうの交流が展開されますことを願っております。どうぞふるってお申し込みくださるようお願い申し上げます。また、皆様のご参加をお待ちいたしております。

謹白

                     記

1.日時:2016(平成28)年625日(土)

9:30 受付

10:0012:30 自由研究発表

12:3013:30 理事会

13:3014:00 総会

14:1516:45 公開シンポジウム 

17:0019:00 懇親会     (予定)

2.会場:中部大学現代教育学部

 ※最寄り駅はJR中央線神領駅(普通のみ停車)です。神領駅からスクールバス(片道200)が出 

  ております(名古屋駅から大学まで約40分)。

3.参加費・懇親会費

大会参加費1,000円 懇親会費3,500

4.公開シンポジウム

・「今授業の質を問う」というテーマのもとに、現在準備中です。詳細は大会プログラム(5月下旬発送予定)にてお知らせいたします。

5.自由研究発表のお申し込み

・ご発表を申し込まれる場合は、「中部教育学会第65回大会 自由研究発表申込書」を学会HPからダウンロードして必要事項をご記入のうえ添付ファイルでEメールにて大会実行委員会事務局(以下「事務局」)まで送ってください。または同封の「中部教育学会第65回大会自由研究発表申込書」(学会HPにあげているものと同じものです)をご記入のうえ郵送にて事務局にお送りいただいても結構です。ご発表の申し込みは428日(木)必着でお願いいたします。

・申し込みの受付後、事務局から受領確認のメールかお電話をいたします。申し込まれたにも関わらず5日以上事務局から確認の連絡がなければ必ずその旨ご連絡ください。

・ご発表時間は、個人発表の場合は20分+質疑応答5共同発表の場合は30分+質疑応答10とします。

・ご発表の内容は未発表のものに限らせていただきます。

6.発表要綱のご提出

65回大会では「発表要綱集録」を作成します。自由研究発表を申し込まれた方は、発表要綱を、527日(金)必着でEメールにて事務局までお送りください。

・個人発表も共同発表も発表要綱はA4サイズで1枚に収まるようにお願いいたします。余白は上25mm、下25mm、左30mm、右25mmとしてください。それ以外の書式は自由ですが、必ず冒頭にご発表題目とご氏名およびご所属(共同発表の場合は全員分)を記してください。その際に申し込み時点のご発表題目(副題も含む)から変更しないようお気をつけください。

・発表要綱の受け取り後、事務局から受領確認のメールかお電話をいたします。お送りしたにも関わらず5日以上事務局から確認の連絡がなければ必ずその旨ご連絡ください。

7.その他

・自由研究発表のお申し込み時に頂いた個人情報を大会以外のことで使用することはありません。

・昼食は学内第一食堂(午前930分~午後230分)、第二食堂(午前900分~午後200分)、テンキチ(午前1100分~午後200分)等ご利用いただけます。

・宿泊施設は各自で手配して頂けますようお願いします。

お問い合わせ先(ご発表申し込み先/発表要綱送付先)中部教育学会第65回大会実行委員会事務局(事務局次長:三品陽平)  住所:〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200 現代教育学部  TEL0568-51-9436(直通)  E-mailyohei347★isc.chubu.ac.jp(★を@に変更してください)

 


 

中部教育学会第65回大会(2016年)につきまして

2016年2月20日に開催された理事会にて、下記の通り、第65回大会を開催することが、豊田ひさき大会実行委員長(中部大学)よりご報告がありましたのでお伝えします。

 

日時:2016年6月25日(土)

場所:中部大学

 

万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

なお、大会シンポジウムのテーマは「今授業の質を問う」となります。自由研究発表の募集は2016年4月を予定しております。

以上

中部教育学会事務局長

山下 廉太郎