2017年度 日本教育学会中部地区・中部教育学会共催公開シンポジウムの案内

 

・シンポジウム案内 : PDF形式

日本教育学会中部地区・中部教育学会共催公開シンポジウムのご案内

謹啓 向暑の候、会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、日本教育学会中部地区・中部教育学会共催公開シンポジウムを下記のとおり開催いたしますので、お知らせいたします。 皆様のご参加をお待ちいたしております。
謹白

テーマ:「教育実践の遺産にどう学ぶか ―授業の質の改善を目指して―」

シンポジアスト
豊田ひさき (朝日大学職課程センター教授)
「生活綴方的教育方法の授業実践から学ぶもの」

二宮衆一 (和歌山大学教育学部准教授)
「教育実践の中に継承されてきた教師の教育的鑑識眼に学ぶ―教育評価論の観点から」

日時:2017年7月15日(土) 15:00~17:30
会場:名古屋大学 教育学部2階 第3講義室

http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/educa.html

名古屋市営地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車 徒歩5分

申し込み不要/参加費無料

問い合わせ
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科
埜嵜 志保(名古屋大学/中部教育学会事務局員)
email: snozaki★nagoya-u.jp  (★を@に変更してください)